私がローマで独りで始めたわけ 

整形で人は幸せになれるか?

Excite エキサイト : コラムニュース

整形で人は幸せになれるのか?

私は最終的にはなれないと言いたい。

一部の問題は解決するかもしれないが、、
本当の意味の幸せはそこにはない。  と

自分の内面のどこかに空いてるすき間を
外側から、それも物質で埋めようとしても、
それは埋まらない。

と思うからです。

必要以上に、富を求める人
美を求める人
権力を求める人
恋人を求める人

そういう人たちは、みな自分の内面の欠けた部分を
「そういうもの」によって補なえると信じ
必死で形のある「そういうもの」を追い求める。

でも、心の空腹は、パンでは癒せないのと同じで、
内のものを外からのもので補おうとする限り、
その補てん行為は、続く。

決して満たされないから、、です。

それよりも、
一度自分の中を見つめて
自分の内面が何を不足とし
なにを欲しているのかを見つめたほうが

話は早い。

不思議なようですが、
自分自身であり
自分自身に責任と自信を持っている人は
姿かたちに関係なく
魅力的なものなのです。

本当の魅力というのは、
外側の形やその艶ではなく
中からの光であると思うのです。


b0150335_22293766.jpg

[PR]



# by cocomerita | 2009-01-12 20:54 | Trackback | Comments(30)

蝙蝠の話

小説・詩・読み物

ある日、
蝙蝠は考えた。

つくづく暗闇の中で、
一人でぶら下がっているのが嫌になったのだ


  そうだ、僕は羽があるんだからきっと鳥の仲間なのに違いない!

  鳥さん、鳥さん
  僕は君たちと同じ仲間だから一緒に遊んでください。


         げーーなに言ってんだ。
         お前はネズミの頭をしてるじゃないか!
         あっち行け、あっち行け


   あ、そうか、 
   確かにねずみだな
   そうか僕は動物の仲間だったんだ!

   ネズミさん、ネズミさん
   僕を仲間に入れてください。


         ちゅちゅーーなに言ってんだ。
         お前はネズミの仲間なんかじゃないよ。
         羽なんてつけてるくせに、



結局、蝙蝠はまたもとの闇の中へと戻っていきましたとさ。

めでたくないけど、おしまい、おしまい。

幼いころに読んで、
なぜか不思議と頭の片隅に残った童話

日本からイタリアにきて
しばしばこの童話の蝙蝠と
自分を重ね合わせていた時期があった。

どこに行っても、
なぜか頭一つ
片腕
片足
浮いて、はみ出てしまう自分

日本人の割にはラテン系でテンション高すぎ
かといってイタリア人に混ざりきるには
日本人の几帳面さや義理堅さが角を立てる。


既定外
私も既定外の人間であると思う。
選別のコンベアーベルトに乗っていたら、真っ先にはじかれる曲がったキュウリ
そんな時、
最終的に見つけた逃げ道 
Cittadino di mondo (訳して、世界市民)

      世界市民クラブにようこそ。

b0150335_5182833.jpg




[PR]



# by cocomerita | 2009-01-11 05:18 | Trackback | Comments(25)

べファーナおばさん帰る

旅行・地域

今年のイタリアは本当にが多い。

雨が降るとどうしても、出かける意欲が鈍る。

で、雨に紛れて うだうだしてたら、、

べファーナおばさん、やってきて
そして
             帰って行った。

私には、スイートが来たのか
     はたして石炭が来たのか、、?


b0150335_21292889.jpg


    へっへっへ
            こんなものが届きました。
 
      この時期にいただくチョコレートは格別嬉しい。


b0150335_2127158.jpg


b0150335_21313850.jpg


b0150335_21321016.jpg



b0150335_21323443.jpg


子供たちの笑顔をあとに
べファーナおばさん高らかに笑いながら
箒に乗って帰って行った。



                              と   私は思う。

イタリアのクリスマスは終わり

そして

私たちは

へと向かう。

[PR]



# by cocomerita | 2009-01-09 21:38 | Trackback | Comments(12)

私が今日どうしてもわからないこと

自然

どうしてもわからないことがある。

どなたか知っていたら教えていただきたい。

どうして

日本はこんなに世界中の人々に憎まれ、

                          軽蔑されながらも

    鯨を獲ることに執着しているのか?


は、


日本がまだ牛とかを養殖していなかった時代の

唯一の動物性たんぱく質として珍重された。

あとはその油を十分でなかった燃料の補てんとして用いた。


                          と思ってるんですけど


今は牛肉も豚肉も肉っていう肉が嫌っていうほど流通してる時代

                          

燃料然り、


電気ってもんがあって、

もうろうそくとかランプがなくては困るという時代ではない。


っていうことは、


それほど鯨の、、つまり死んだ鯨の必要性もないということ、


だったら、

        さっさとやめればよいのに


クジラを獲ってる漁師さんたちの生活は、

なんらかの形で国が次の仕事を紹介するとか。

して保証してあげればよい。

そんなにたくさんいるとも思わないし、

けっこうお歳の人が多いと思うのだけど、



国民の生活に必要不可欠でないのなら、

ただ、それが日本の文化だった。

というだけで執着しているのだとしたら、



こんなことで   

        世界中の人を敵に回す必要はない。

そして、

このことを使って日本を攻撃したり日本のイメージを落とすのは実に簡単


誰もが大好きなイルカとおなじ仲間のクジラですから

国際政治に興味のない人までをも、

日本の敵へと導くのは簡単なのだ。


日本はその昔共存の国でした。

飼いならすのではなく、

動物とも共存することをよしとした文化
です。


この共存は今世界が一番必要としていること

肌の色の違う人、文化の違う人を排除し、

同じ種類だけで固まり、支配しようとするのではなく

そういったいろんな人々が混ざることによって生まれる

素晴らしいものがあるはずです。


動物や植物を私たちより下等なものであると考え、

私たちの都合のいいように扱うことをやめる。ことによって

私たちの中に目覚める大切な何かがあるはずです。


私たち人間は、色合いとか気にするけど


野の花は赤い花のすぐ横に紫、その横に黄色

それでも何とも言えない美しさを醸し出している。

それが、本当の共存ということではないのかな


古代日本人が尊んだ共存の心

ここで

思い出して、始められないものだろうか

この東に位置する小さな島、日本という国から、


私たち人間は、

この地球の支配者として生まれたのでは決してないのだから、、




b0150335_2144279.jpg

[PR]



# by cocomerita | 2009-01-08 21:51 | Trackback(1) | Comments(27)

最近癖になっているもの

グルメ

あっちのブログではもう紹介したんですけど、

それから

ひじょーーーに癖になっているモノがある。

そのモノはこれ。


b0150335_7252499.jpg


騙されたと思ってやってみてください。
本当~~~においしいんだから、

1. 二人分で、じゃがいも3-4個を、サイコロ状に切る。

2. 沸騰したお湯にサイコロ状のジャガイモを入れ、8-10分ほど茹でる。

3. オーブンレンジの天板にオリーブオイルを少したっぷり目に入れ
  ニンニクをつぶしたのを2-3個入れ、熱する。

4. 茹だったジャガイモをざっと天板にあける。

5. 20分くらい経ったら、じゃがいもをかき混ぜ、
そしてジャガイモの上からもオリーブオイルをひとかけする。

6. さらに、時々かき混ぜながら。20分―30分ほどオーブンの中で焼き

7. カリカリにこんがりしてきたら、オーブンから出し熱々のうちにお塩を少し振る。

あ!
お好きな方は、ローズマリーの枝を一枝入れてもおいしいです。

まあ、長々と書きましたが
要するに

             オーブンに入れる前に、ちょっと茹でる。

                   ってだけのことです。 ハ ハ ハ

外はカリカリ、中はもっちり
食べ始めは、舌を火傷しないように気をつけてください。
じゃがいもの中が沸騰しているから私たちの大事な舌には凶器となっております。

うちは、ちゃんとしたオーブンがないんだけど、
オーブントースターでもできます。

こういうのをね
赤ワインと一緒にね
おしゃべりしながら
ぼつぼつ食べると
冬の夜長が楽し~~

あっという間に!
            完食です。



b0150335_734756.jpg


* Buon Appetito* **  * *
[PR]



# by cocomerita | 2009-01-07 07:49 | Trackback | Comments(22)

不思議で嬉しい、、

私の年末年始&ブログで一年のご挨拶!

結局は人は独りで、

最終的には、自分は自分でしか守れず
道連れがあろうが無かろうが、自分の人生は自分ひとりで歩いていくもの

                     と思っている私ですが

それでも、
    そっと添えられた温かい手のぬくもりは嬉しいし、
                     
                     元気がつく。

ブログなんて所詮バーチャルの表面的な世界でっしょ

とちょっと斜に構えながらブログを始めた私だったんだけど、

そうじゃないと、最近感じる。

これも、明らかに神様が仕組んだ媒体だ。

言ってみればさ、普通の交友関係より
より一層スピリチュアルかもしれない。

言葉だけが、
そしてその言葉の奥にある思いだけが取り持つ御縁

そして、さらなるご縁があれば
その関係は  もっと育ち   葉を広げ   花を咲かせ

そして

                  実さえ結ぶだろう。

年が変わって早々に

日本からお漬物が届きました。

ブログで知り合った方からでした。


忙しい中
私のことを考え
お漬物を選び
カードを書き
わざわざ送ってくれた彼女の気持ちが嬉しかった。

そういうことをわざわざしてくれる人がまだいるんだな。。と思って
        
                       嬉しかった

バーチャルな御縁が、心にしみるぬくもりを届けてくれるということがわかって。。

                       嬉しかった。

生きるのは、それぞれに、みんな大変だから
こういった人のぬくもりが
砂漠の中での一杯のお水のように
心と身体に潤いと元気を与える。

だからね
今年も頑張ろう。
今年も頑張れる。と改めて思ったのでした。

                   merci cocoちゃん。


b0150335_235149.jpg

[PR]



# by cocomerita | 2009-01-04 23:05 | Trackback | Comments(22)

イタリアの新年はこれで始まる、、

私の年末年始&ブログで一年のご挨拶!

皆さん
  新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、、

イタリアで新年を迎えるにあたり
  絶対に!
  
           絶対に!!
  
             欠かせないものがある。

  これは、もしかして日本の大みそかのお掃除に匹敵するだろう。

それは、

        レンテイッキ豆
の煮た奴

  


こういうやつね。
日本ではレンズ豆というらしい。。

これは、イタリアではお金。の意味がある。
今年もお金が入ってきますように、と
大晦日0時を回ったら、一斉にみんなで食べる。
縁起がいいだけでなく,      おいしい。

というわけで、私も食べました。
       大みそか、元旦二日続けて、、

御利益はなかったとしても、まあ私の胃腸と味覚は喜んでるわけで、、

で、レシピはこちらね。
   長いけど、作ってみたら超簡単
   おまけに、カレーと一緒で、作ったら、最低二日は楽しめる。

      という便利もんです。



レンズ豆 250g
人参  2本
セロリ 1本
トマト 2ケ
ニンニク 1片
唐辛子 お好みで、、1片
赤ワイン 1カップ
お砂糖 少々
お醤油 少々
コンソメ 1ケ
あれば、トマトピューレー

1. まず、レンズ豆を洗い、お鍋に入れて水を入れる。
水は、レンズ豆から、2cmほど上まで。
人参の1/3、セロリ1/3 もしくは、葉っぱの部分を入れ、
40分ほど弱火で煮る。

2. 洗ったトマトに、十字に切れ目を入れ、熱湯に10秒ほど漬け、
そのあと冷水に浸して、皮をむき、粗めに切っておく。

3. 残りの人参、セロリを、みじん切りにしておく。

4. ざるに、湯だったレンズ豆をあけ,豆とゆで汁を分ける。
その時に、ゆで汁も捨てずにとっておくこと。(ここがポイント!)

5. お鍋に、オリーブオイルを入れ、にんにくをつぶしたもの、
 唐辛子(お好み)、人参とセロリのみじん切りをいれ、炒める。

6. 人参、セロリが、少ししなっとなったら、赤ワインを入れ、
 トマトを粗切りにしたものを入れ、トマトが柔らかくなってきた
 ら、そこにゆでたレンズ豆を入れる。

7. 軽く混ぜ合わせたら、とっておいたゆで汁と、
 足りない場合はお水を入れる。
 お鍋の中のものが全部浸って、そこから 2cm程の水位まで、

8. 砂糖少々、おしょうゆ少々
 あれば、トマトピューレーを大匙二杯程を入れ、
 30分ほど時々かき混ぜながら蓋をして煮込み、
 コンソメを入れて、さらに30分ほど弱火で煮込む。
 この時、スープが乾いてからからにならないようにご注意!

9. スープの塩加減、お豆の煮具合をお好みで調節してください。
 ワインビネガーをお持ちの方は、
 最後にワィンビネガーをたらっとひとたらしする。と、
 お味が一層深まります。

10. お皿に盛りつけた後、オリーブオイルをたらっと掛けて,
 赤ワインと一緒に
 お召し上がりください。



b0150335_213211100.jpg


   Buon Appetito !!!
       + 開運招福 商売繁盛 健康第一

[PR]



# by cocomerita | 2009-01-02 21:46 | Trackback | Comments(32)

よいお年をお迎えください。

私の年末年始&ブログで一年のご挨拶!
親愛なる皆様
今年も大変お世話になりました。
皆さんの温かいお言葉に元気づけられ、
楽しいコメントに笑いし、
お陰さまで今年も楽しくブログライフを送らせていただきました。
このブログを始めて、素敵な人にたくさん出会えたこととても幸せに思っています。

そんな素敵なみんなの 健やかで
                   幸せな新しい年
を心からお祈りしています。

また、新しい年にもたくさんの素敵な出会いがありますように、、


さて、、

これから私は掃除。
  とまではいかないが、
掃除くらいは日本人の風上にいるためにもやらなきゃいけない。

イタリアには、年が変わる前に、、絶対!
           っつーいろいろな行事や義務がないから

みんなどこかのほほんと
明日の夜のパーテイーやカウントダウンコンサートの話題で盛り上がっているが、

なんかね、、
気持ち的に掃除だけはしなきゃと強く思うわけで、
福の神さんに玄関先で躊躇されても、淋しいんで、、

                              やります。

皆さん、また来年もよろしくお願いします。

Have A Very Happy New Year!
+
Buon Anno!!


b0150335_2521655.jpg


         With Love...
[PR]



# by cocomerita | 2008-12-31 02:55 | Trackback | Comments(26)

一番届けたいものは、

一番届けたい物
一番届けたいものは

              笑顔

ひまわりのような大きく明るい笑顔でも

ささやかな小さな笑顔でもいいから

その人それぞれの心にある
その人それぞれの見えない思いが
そっと叶って

嬉しくて
幸せで
暖かくて
               笑う

そういう笑顔を配りたい。

愛する人を亡くして途方に暮れている人に
何かがうまくいかなくて苦しんでいる人に
淋しくて仕方のない人に
病気と闘っている人に

戦争の真っただ中にいる人に
飢えに苦しんでいる人に

ほんのひと時でもいいから
こぼれるような
心からの笑顔を
そうやって笑える何かの理由を配りたい。

[PR]



# by cocomerita | 2008-12-28 08:27 | Trackback | Comments(20)

たかが誰かの利益のために

ニュース・評論

歳も押し迫り
もうすぐ今年も終わり、、と静かな気持ちで行く年を見送りたい、、
見送れる、、と思っていたのに、、

どうやら、この すさまじく病んだ世界
そういった束の間の安息も

          もう人間には許してくれないらしい。


今朝、早々に
イスラエルがパレスチナのガザを攻撃したというニュースが届いた。

停戦条約が切れるなりの攻撃

それも、子供たちが学校から帰宅する時間帯に

           私の怒りは頂点


どんな戦争であろうと
いくら宗教の名のもとにカモフラージュしようが
その戦争の裏には、誰かの単なる利益が潜んで、糸を引いている

そんなこともうだれでも知っている。
どんだけ大きな利益だか、
そんなたくさんのゼロのつく数字は私にはもう現実なものとは
とても思えず

           ただの数字

どんなにゼロが多かろうが、
人の命は、そのゼロでは払いきれない。
どんな利益であろうが
人の命の前には
           たかが利益  である。

ふかふかのイスに座りながら
寒さや飢えに苦しんだこともない
むしろ飽食ででっぷりしたお腹を抱えながら

たくさんの「普通の人々」がそれぞれの小さな毎日を過ごす
そのささやかな幸せの中に
ミサイルを打ち込む

     それも何発も、、

  
 いいかげんにしろ!!

[PR]



# by cocomerita | 2008-12-27 22:00 | Trackback | Comments(12)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...

最新のコメント

私もクラス会が苦手でして..
by sink_jpn at 07:16
Ciao 祥さん ロマ..
by cocomerita at 23:10
水村美苗さんと辻邦生さん..
by 祥 at 11:12
Takeoさん 続き ..
by cocomerita at 00:43
Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 00:32
またまたお邪魔虫です。 ..
by Takeo at 18:04
Ciao yozakur..
by cocomerita at 15:30
Cocomerita 様..
by Yozakura at 11:57
Ciao けいさん そ..
by cocomerita at 05:25
同窓会70歳を最後に解散..
by けい at 09:37

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル