私がローマで独りで始めたわけ 

外は寒い。ので、、ニョッキを作った。

グルメ
怒ったり     笑ったり
叫んだり     思いにふけったり、、
つぶやいたりしてたら
レシピのことをすっかり忘れていました。

ってことで、歳も押し迫り、外の空気がキンと冷えてくると

なんだかあったかいものが無性に食べたくなります。

ってことで、ニョッキを作ってみた。

* ニョッキ*
薄力粉 70g パルメザンチーズ15g ジャガイモ 250g 卵黄 1個 
塩 少々 ナツメグ 少々

1. ゆでたジャガイモを濾して、そこに薄力粉、パルメザンチーズ、卵黄、塩、ナツメグみんな混ぜてこねこね。

2. 2cm幅の棒状にし、親指の頭くらいに切る。

**トマトソース**
フレッシュトマト4-5個 (もしくは、トマトの水煮缶一缶)
セロリ一房 ニンジン一本 ニンニク 唐辛子 赤ワイン 少々 オリーブオイル少々 砂糖 少々 お醤油 少々

1. セロリとニンジンをみじん切りにする。

2. トマトは湯むきにして、ザクザク切っておく。

3. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切り、唐辛子を入れ弱火でオイルに香りをつける。

4. そこに、セロリとニンジンのみじん切りを入れ、しんなりするまで炒める。

5. しんなりしたら、赤ワインを少々加え、そこにトマトを切ったもの、若しくは水煮缶を加える。

6. 砂糖少々、おしょうゆ少々を加え、 弱火で、ことこと煮込み、
 
b0150335_22163777.jpg

7. お鍋にたっぷり目のお湯を沸かし、ニョッキを入れる。
  ニョッキが浮かび上がってきたら、出来上がり。
b0150335_22172875.jpg


8.  トマトソースの入ったフライパンにあけ、強火で混ぜ合わせる。

b0150335_22184216.jpg



はい出来上がり。

b0150335_2220922.jpg



お熱いうちに熱々をできたら渋めの赤ワインと一緒にどうぞ。

作りながら、写真を撮ったので、ニョッキの美味しさは保証しますが、
写真の質は今一つ、、ソーリー!!

[PR]



# by cocomerita | 2008-12-08 22:29 | Trackback | Comments(38)

ウィンドウとはよく言ったもんだ。

素敵なイルミネーション、撮ってみた♪
ブログを始めてみて

    ウィンドウとはよく言ったもんだと、ふと思う。

私がそのブログをあけるたびに

         その人の世界へのが開く

そして私はほんの束の間、

一生行くことはないかもしれないその世界の香りをそして風景を楽しみ

一生会うこともないかもしれない「その人」と会話する


彼女の畑をかいま見、

彼女のわんちゃんの後ろ姿に目を細め

彼がたどった道を一緒に歩き

彼が愛でた景色を一緒に愛でる。

一瞬
ほんの一瞬なんだけど
私の世界が
           ぎゅん 
                           と、広がる。

私の知識に彼の知識を加え

淋しい心を優しい言葉で暖め

同じ怒りや疑問を分かち合う。

素敵な素敵な近代の発明品

            賢く大切に使いたいもんです。

そして、みんなに

            ありがとう


b0150335_22171841.jpg
Condotti通りよりスペイン広場へ  
Fendi                


          ナボナ広場


   Merry Christmas For Everybody 楽しいクリスマスと楽しい日々を。。。
[PR]



# by cocomerita | 2008-12-04 22:15 | Trackback | Comments(36)

12月のローマで、、

自然
  あっち
            こっち

うろうろ  
                   がたがた

          なんだかんだ  とやってるうちに


      もう12月

   ふ~~~

            時のたつのは本当に早いね。

この12月も   
            あっ  という間に去っていくのはわかってる。

  
     こんなに時の経つのが早いと、
          なんだかたくさんやり残したことがあるように思えてくる。

今年は、たくさんの人とお別れをした年でした。

まず、父が逝き
親友の大好きだったお母さんが逝き
大好きな幸子ちゃんのお父さんがあまりにも早く逝き

そして、またもや11月には、ミラノの友人の大好きだったジュゼッピーナマンマが逝き

これでおしまいかと思ったら
私に初めてイタリア語を教えてくれた律子さんの全く早すぎる旅立ちを知らされた。

  一年に5人、、         多いよね。
  

自分が歳をとるのだから
周りも同じ歩みで歳をとるのは仕方のないこと
だけど、やっぱり別れは辛いね。
どうせ、また会えると思っても
なんだか置いてかれた気持ちになる。

小さい頃
  目が覚めたら家のみんなが全員お出かけしてしまったことを知ったときみたいな、

          がらんとした家に独りぼっち
                              焦りの混じった、淋しい感じ



ローマは雪は降らないけど
時々狂ったようにひょうが降る

おとといの夜も、ものすごい音で目を覚ましたら

  真っ暗な空は異様にピカピカ
  
大地があげる地鳴りとともに、
    狂ったように氷の粒が落ちてきた。

思わず、何百年も昔のポンペイのあの日、
火山が噴火し、狂ったように降る灰になすすべもなく全てが埋まっていったあの日を

                         ふと、思って怖くなる。

b0150335_19304370.jpg


次の日ベランダに出ると

b0150335_19312120.jpg
  
    他の草花は何でもないのに、アロエとハイビスカスは
              その大きく張り出した葉っぱ故、散々なありさま

b0150335_19315442.jpg

b0150335_19323996.jpg

彼らの育ったトロピカルな国では、
たぶんひょうなど降らないのでしょうね。
だから、ひょうとかをよけるために葉っぱを小さくする必要があえて、ない

むしろ、水分を少しでも長く多く取り込むために、葉っぱは厚く大きくなる。

人間がこんなとこにまで、無理やり連れてきてしまったことを思って
                なんだか申し訳なく思う。   


                          ごめんね、、、、、

ハイビスカスなんてさ、
ハワイに行って楽しめばよいのだ。
都会で楽しもうと思う方が間違ってる。

こういう時に自然の緻密さと自然の厳しさを感じて
                           改めて頭が下がる。

もっと、もっと
    賢く厳しくならなきゃ、、

冷害で作物全部やられてしまったお百姓さんの気持ちもわかる気がした朝でした。

さあ、あと一か月

   締めてないけどふんどしの紐締めて頑張りますかね。

    あっち側に逝ってしまった人たちにぶつぶつ言われないように、、

[PR]



# by cocomerita | 2008-12-02 19:47 | Trackback | Comments(28)

ビンバの話

動物・ペット

ビンバはここに住んでいる。
b0150335_21192312.jpg

盗まれて
そして放置された車の中

ビンバがここに住み始めてから2年ほど

捨てた人間を恨むでもなく
その愛嬌の良さを失わない。

猫の記憶は短い。のだそうだ。
というわけで私たちも嫌なこと、悲しいことの記憶は、
むしろ彼らのように、、
あっさり、捨てながら生きていきたいもんですね。

       No 恨み、、(笑)


b0150335_21212780.jpg


b0150335_21384052.jpg


b0150335_21223082.jpg


一度はね、
チッチのお嫁さんにとまで考えたんだけど
ビンバはともかく
チッチは興味がないらしい。



ビンバは優しい
それでもチッチに近づこうとしては、、

  フーーー!!とやられる。


                    うちのわがまま王子
                             困ったもんだ。


b0150335_21325211.jpg


            美しい。    でしょ?

        オスの好みは、猫のも人間のも、  どうにも理解できないね、、、

[PR]



# by cocomerita | 2008-11-27 21:39 | Trackback | Comments(28)

これがイタリア

旅行・地域
イタリアは、車庫証明がなくても
 
                       車が買える

よって


大半の車は
        合法的に
                       路上駐車

しかし

二年もたつと

                          この有り様

左のサイドミラーは一度丸ごと盗まれた

付け替えたばかりなのに

道行く人か
もしくはバイクがひっかけて行ったらしく
気づいたら

                          うなだれ状態

すぐに買い替えるのは悔しいから

とりあえず
                           応急処置

b0150335_207404.jpg

右のミラーは

中の鏡のみ

                           盗まれた

b0150335_2081929.jpg


これが、
                           イタリア~

です。
新車なんて、とてもじゃないが買う気にならない。

[PR]



# by cocomerita | 2008-11-24 20:10 | Trackback | Comments(34)

パリの空港で思ったこと、、

旅行・地域
私は、イタリアに住んでるくせに

フランスが好きです。

フランスというか

パリが好きです。

イタリアにはない
彼らの、、   それが感じ悪いと外国人には言われたとしても

彼らの背筋がきちんと伸びているところが好きです。

彼らのマニアックまでに几帳面なところが好きです。

作り笑いをしないところが好きです。

だから、今回パリの空港で乗り継ぎをして
パリの空気を吸って

            やっぱり、いいなああああ

         と思った。

実に私の物差しにあってるんだよね。
                彼らのスタイルが、、

だから、私の心を逆立てることが少ない。

だから
ローマ行きの乗り継ぎ便を待つ3時間も
その長さを感じない。

   のんびり
           のんびり

                呼吸が楽にできる

モーダもね
私はイタリアンは嫌いで
フレンチが好きなんです。

そんなわたしが
なんでイタリアなのか、、???


やっぱ、ご飯でしょうかね、、(笑)

久々の自分で作る私のイタ飯は


            おいしかった。。。。。

b0150335_2162875.jpg


b0150335_217622.jpg


b0150335_2182471.jpg


それでも、やっぱりパリは素敵
次に住むのは
パリかビルバオ

[PR]



# by cocomerita | 2008-11-21 21:10 | Trackback | Comments(26)

「爆笑問題」が、好きです。

ニュース・評論
1チャンネルで
右上に   アナログ と出てる番組帯が好きです。

この間も 「爆笑問題」がでていました。

この人たちは大好きな人の一人です。

日本語について話していたのですけど

改めて
この人たちは
頭のいい人たちだなと思いました。

とくに太田さん

お笑いは
その基礎に
その人の頭の良さや
その人のセンスの良さがないと

  クスリ と笑わせる
ウィットに飛んだ
心地よい笑いを呼ばない。

そういうところに
本当の芸人であるコメデイアンと

ただ、流行に乗っかって
彼らの ただの愚かさ をさらけ出し
それを切り売りしている
とても芸人とは呼べない
たくさんの人々との差が浮かび上がる。

質の大切さと
基礎の大事さを感じる一瞬でもあります。

とっても
とっても
忙しくて
いまひとつ自由なきままさで
日本を味わえなかったのが残念ですけど

     来週の月曜に帰ります。

[PR]



# by cocomerita | 2008-11-14 22:12 | Trackback | Comments(24)

日本の汚点とアメリカの希望

ニュース・評論
Obamaさんが、大統領になった。
何か、久々に気持ちの良いニュースだった。
久々に清々しい、元気を伝えてくれる素晴らしいスピーチを聴き


              嬉しかった
   
   私はここ何年も、こんなにシンプルでかつ力と勇気と正義に溢れる言葉をどこの政治家の口からも聞いていない。


    アメリカの人たちが羨ましくなった。

    先のことは誰にも分からない。

   彼がこれから何をするか、何が出来るか

           は、ともかく

とりあえず、

私たちは
人民のため、
国のため、
世界のために
自分の身を粉にして何かをやろうという政治家を見たいのだ。

が見たい。
希望が見たい。
政治家になるために生まれてきたような、プロの政治家が見たい。
能力と力に自信と誇りに満ち溢れた心ある政治家が見たい。

心ある私たちは、
正直な人の健全な意欲こそが、最大の力の源であると知っているから


こそこそ
     おどおど
周りの様子をうかがいながら
ずるがしこく立ち回る
無能
不正直な人々の面の皮の厚い
それも人相の悪い顔ではなく

少なくとも

今現在希望に燃えている
その澄んだ目と清々しい意欲に燃える表情が見たい。

先のことは誰にも分からない。
でも、今その人の中に燃えている情熱は、

          その情熱ゆえ、

    何かを変えてくれるのではないか。

という希望の光だけは私達に見せてくれる。
そして、私達も共に頑張ろう。という気持ちにはさせてくれる、


         恥を知れ!         
    日本の政治家達。

猿山で、キーキーわめきながら
下品にお山の大将争いをしている盛りのついた猿と
あなた達はなんら変わりがない。、
いや、
むしろそれ以下だと思っているのは私だけではないでしょう。
品のない政府は、所詮国際社会でもリスペクトされない。
それは、至極当然の事である。

と言う事で、
聞く度に幸せな気分にしてくれるこの曲をどうぞ。
アメリカのたくさんの家庭の幸せを祈って、、

[PR]



# by cocomerita | 2008-11-08 11:23 | Trackback | Comments(31)

馬鹿も休み休み言いなさい。

ニュース・評論

怒るのは身体に悪いから、怒んない方がいいよ

といわれたけど、

日本に来るとニュースを見るたびに腹が立つ。

ぶつぶつ、愚痴ばかりせっかくのブログに書きたくないけど、

書かずにはいられない。

まあ、イタリアでも政治家の質の悪さには

   開いた口がふさがらない

状態なんだけど、

まあ、最終的に自分の国じゃない。ってとこで、あきらめてるのかもしれないけど

上には上がある。ってのはよく言ったもんで、

この愚かさ加減。

完璧にイタリアの愚かさ加減を超えている。

完璧に国民を馬鹿と思っているとしか思えない政策

   
                なんじゃ、こりゃ? 

給付金?

そんな一時的なお金などで

国民の生活を改善できるわけがなく

     焼け石に水のように、消えていくに決まってる。

そんなお金があるんなら

老人の人たちの保険をカットなどしなければいい。

あのね、、

若いうちはお金がなくても、何とかやっていける。

と私は思っている。

石にしがみついても何とかがんばれるのではないか。と

でも、年をとった人が、何の追加収入も期待できない人々が

病気になったときの不安を抱えて生きなければいけないのは

かわいそ過ぎる。

自分のエゴだけが、もろに顔に出ている人々に

物知り顔で、真っ赤な嘘
その場しのぎ
の政策など語ってもらいたくないよね。


     そんなことが何の役にも立たない。
               ってみんなが思ってるってこと

知ってるのかな~彼ら

馬鹿も休み休み言ってほしいんだよね~

小学生だって、もうちょっとましなこと思いつくんじゃないかなあああ、、

あのねえ
そういうことやってると、彼らの品性と知性を疑いたくなるのよね、、

ハッキリ言って、
       この人たちに、「そういうもの」などない。ってもうわかってるけどね。

ハッキリ言って、
       政治家なんて、
        図々しくて、
        思い込みが激しく、
        頭が悪くて、
        恥を知らない。     人しかできないよね。

だってさ、このお粗末さで
国のために一生懸命やってる。   とか
国民の役に立ってる。とか思ってんでしょ?

馬鹿が自分が馬鹿ということを認識していたら、その人はもう馬鹿ではない

[PR]



# by cocomerita | 2008-11-04 00:14 | Trackback | Comments(22)

謝らなくてもいいとこで謝らなくていいです。

ニュース・評論

こんにちわ
忙しくてなかなか記事のアップもできず
皆さんのブログにもお邪魔できず
ちょっと寂しい私です。(笑)

そんな中で、ニュースだけは目を通すようにしていますが、

例の慶大生の大麻売買事件

慶応大学の理事長とかが謝罪をしていましたが、、

もう二人とも成人なわけだから
大学が謝らなくてもよいのではないか?   と思いました。

大学はあくまでも、勉強の場を提供するところ
20才を過ぎた子供たちを
そこまで監督はできないだろうし
そこまで監督していたら、むしろ変
なんといっても、彼らはもう選挙権さえ持っている。  いい大人ですよ。
社会的にいうとそうでしょ?

そんな人々のやったことに対して
大学は責任ない。と思うんです。

謝らなくてもいいとこまで、
謝られると
かえって彼らの無責任さを感じてしまう  
のは、

私だけでしょうか??

[PR]



# by cocomerita | 2008-10-31 22:54 | Trackback | Comments(20)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 17:55
上記のJunkoさんの意..
by Takeo at 16:30
Ciao antsuan..
by cocomerita at 03:44
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 03:34
いま、「貧乏」という言葉..
by antsuan at 16:18
Junkoさん 私も読..
by hisako-baaba at 13:46
Ciao antsuan..
by cocomerita at 07:37
>細かい事実はともかく、..
by antsuan at 07:06
Ciao Takeoさん..
by cocomerita at 17:35
こんばんは、Junkoさ..
by Takeo at 17:08

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル