私がローマで独りで始めたわけ 

これはダミーです。 記事はこの下。

本文から広告を取り除くための


ダミーです



毎回 記事を更新する度に、
記事の後ろに宣伝が くっついてきます

少し前までは 地味目だったので
ま いっかと思っていたけれど


最近のは
やけに 派手で 目に余るので
とりあえず こうして
ここに引きつけておこうと、、


ちゃんとした記事は この記事の下に更新されます







[PR]



# by cocomerita | 2018-07-01 16:29 | Trackback | Comments(14)

雑用に追っかけられて

あの大難関の試験をパスしてから
勉強が全く手につかない


まず 拒否反応があるし
そして
日常の雑用が多過ぎる


昨日は 朝 8時に 車を修理工場に預け
その足で 大学内の郵便局に 滞在許可証の申請に行き


指定された 移民局とのアポイントメントが 私が日本に発つその日
( 、、、、 つくづく ついていない )
アポイントメントは 機械が自動的に決めるので
手動で変更はできない


この時点で 未来の厄介事がまた一つ増える


( この国は どんどん用事を済ませても
同時に雪だるま式にさらに用事が増えていくと言う おかしな国です )


壊れたミキサーを買い替え
庭の椅子用のクッションと
友人に第二子が産まれたので 写真立てを買い


修理工場がお昼で閉まる前に と
急いで 車を取りに戻る


交換する部品待ちだと言われ
近くの行きつけのチャイニーズでランチをして
そのあと 工場が開く3時半まで
バスの停留所で お爺さんと一緒にバスを待ちながら時間を潰す
( バスの番号が見えないと言うので、、。)


そうこうしてたら
ペットショップのクラウディオ から電話が来て
頼んでいたドライフーズが届いたと
私はいつも10キロ袋を買うので、その都度頼まないといけない


いつでもいいよと言われたけど
出たついでだから と 取りに行く


家に着いたら 5時半を回っていて
6時半から 庭の水撒き
終わったら 7時半を回っていた


今日は今日とて
朝 庭に出たら
大家が落ちた松の葉っぱを掃いていた
一応 駐車場への入り口は 互いの共有部分である訳で
大家ひとりに それも最近体調を崩していると言う彼女だけにやらせておくわけにもいかず
掃き掃除を手伝う

つーか 私の仕事でもある


そして
最近 家の中の 蚊が多くてかなわないので
面倒くさいから 今まで延び延びにしてきたけれど
いよいよ
窓に網戸を取り付けてしまおうと思い立つ
私はこれを全部自分でやる
( たくましくなったもんだ )


汗をかいたので シャワーを浴びて


休憩
そうそう 休憩もしなきゃいけないのだ


こう言う 一個一個は 大したことのない 事を
でも 数こなしていると
時間はどんどん過ぎて行く

2週間後に もう一個試験がある


私は最近 より劣等感で
だけど
ろくに準備もしないでおきながら
結果が良くないと 劣等感に陥る

そりゃあ変でしょ

だったら ちゃんと努力すればよい



ところで
私は人が嫌いだ 鬱陶しいと言い続けていますが
本当に鬱陶しいので

と言うか

人と会うと その後の疲れ方が半端じゃないの 私の場合


ところが
私は 実はとてもよい人たちに囲まれているらしい
と今日 思い知らされる


ペットショップには ふた袋頼んでおいた
でも 近所じゃないし
また買いに来るよりも
この際3つ貰っておこうかな。
もう一袋ある?と 聴いたら
3つ買われると 次に君に会う時期がその分 延びるから 売らない

と言われた

ははっ 何それ。商売っ気ないね
と言いながら
少し嬉しかった りする


イタリア人は こうやって少し 人も持ち上げたり、
人の心をくすぐるのが 実に上手い



車の修理工場のマルコとその仲間たちは
部品まで取り寄せてくれて 修理までしてくれたのに
お金はいいと言う
いつも宣伝してくれてるからだと

いや私が宣伝したくなるくらいあなた方が正直で 優秀なわけで
それはあなたたちのメリットだと言い張っても 皆で頑として受け取らない


私は実は商人の娘なので、
誰かをタダ働きさせるのが大嫌い だと言うのに


労働には、その報酬が発生すべきである


夏休みに入るまえに 突然寄って 仕事の後のビールでも奢ってあげよう
っと
これでまた 未来の用事が一つ増えた




ペットショップのクラウデイオは 私がスマホを持っていないの見咎めて
変えたばかりだからと 自分の古いのをくれたがった


当然 必死に断る
( あんなもん 要らない)



私は
こう言う、友人でもない人に よく親切にされる
頼りなくみえるのか
ガラ携帯を使い 18年ものの車を いつまでも 大事に乗ってるから
貧乏そうに見えるのか


みんな とてもいい人です
もしかして
いつも人間嫌いとか言ってる私が一番 嫌なやつ なのかもしれない



庭の松葉掃き掃除を終わって
網戸を入れて
シャワーを浴びて

当然
休憩
していたら


大家の友人たちが遊びに来た
今日はイタリアは祭日
なんとか とか言う聖人の日で
この国は 毎日 それぞれ祀られている聖人がいて
それでも365日では足らず はみ出ている聖人もいる


( こんなに聖人がたくさんいると言うのに
世の中 全然聖じゃない )


断っても断っても 誘ってくれるが
この暑さで プールサイドで ランチは 鬱陶しいので
断ったけど


ご挨拶に出たら
マリオの妹のアンナに捕まった


子供は どーしても 無下にできない
彼女と遊んでいたら 4時半


そして シャワーを浴びて
再度 休憩


私はなんで人が嫌いなのだろうか。
みんな ただ自分の人生を 屈託無く送っているだけ だっていうのに なぁぁ
そんなに嫌わなくてもいいじゃないか


と考えていたら
ソファの上で 眠りこんでいた


今日も 一行も勉強せず
あーあー



一生懸命という事に疲れることがある
一生 毎日 いつでも一生懸命なんて きっと無理だ



という事にしておく


私は 言い訳の仕方も非常に巧みだ


昨日今日とあまり猫たちや亀に構ってあげていない
私は ちょっと 罪悪感だが
もしかして 彼らはホッとしているかもしれない




b0150335_08053570.jpeg

b0150335_08060426.jpeg


石の間から 健気に顔を出す名もなき花

うちの大家は薔薇が大好きなので
うちの庭には 薔薇が腐るほど咲いている

でも 私は
こういうのが一番好きです
名もないってやつ

















[PR]



# by cocomerita | 2018-06-30 15:57 | ローマ | Trackback | Comments(12)

日本を地獄に送る法案通過 TPP

何度もでも言うけど


食料自給率は 国の最後の砦です


アホウが 闇雲に 拡げる大風呂敷のように
アベサン率いる ハメルーンの笛吹きならぬ ホラ吹きどもは
輸入をどんどん拡げて 国内生産を衰退させようとしています


と言うことは
我が国の食料の供給を 他国に委ねる という事
我が国の台所が 他国次第になると言うこと


それは
競争率を著しく低下させ
相手の言い値で購入しなければいけなくなる可能性も含み
そして
下手すると
ある日
相手国から もう輸入しませんよ と 言われたら アウト
我が国を 爆弾を使って 脅かす必要などない です


そして
どうなりますか。
相手の言うままになるか。

飢えるか。


蛇口を相手に委ねてしまったのだから
蛇口を締められたら アウト なのです


近代的でなくても
必要以上に 便利じゃなくても
新幹線がビュンビュン 国中 走り回ってなくても
無意味に高い高層ビルなどなくても


ヴイトンや エルメスのバッグを持って闊歩できなくても


水と食べ物さえあれば
人はなんとか生きていけるもの


その最期の生命線を やすやすと 他国に委ねようと
なぜか躍起になっている自民党







Taichoさんのところで
もはや常識も限度も恥も持たない そんな彼らの
常識も公正さもない ただ 一方的なTPP決議 に対する


山本太郎議員の抗議を聴いてください


清き一票と言うけれど
清きだけでなく 一票は限りなく重い


地方都市のなんとか儲けたい おっちゃんたちの
まあ、この先生が おらが村を裕福にしてくれっだろと
町の野球クラブの理事でも選ぶ感覚で
居酒屋での まあまあ なあなあ の おもてなしの末に 入れた一票が


これだけ お粗末な、政治をするに最も値しない 低級な人間たちを政界に送り込んだ


悲惨です


その人々が
当選するなり
さっさと 手のひら返し
恩返しどころか
自分たちの国の未来にとって 大事な産業の首を絞めようとしている


そして
地方都市だけでなく
日本はこう言った保身と私欲しかない低級で無知無能な人間たちの思うままにされている



この国の政府には
呆れるしかありません



呆れてる場合ではないのだけれど、、


現状は深刻です


























[PR]



# by cocomerita | 2018-06-29 18:33 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(2)

ものすごく意地悪だね 〜 超低俗で どーしよーもない人々

沖縄の戦没者追悼式典で
闘病中の自分の姿をさらけ出しながら沖縄にこれ以上の基地はいらないと訴えかける翁長知事



彼の壇上に向かう その痩せた後ろ姿に はっと息を呑み
胸が詰まり
涙が出ました









闘病中だという その彼が 必死に絞り出すように放つ言葉


「 沖縄にもう基地は要らない」




私は とても とても 申し訳ない思いで聴きました




あえて
このいけ好かない画像を載せたのは
そんな翁長知事の言葉に 姿に


よくも こんな心無い 汚い 言葉が 投げかけられるものかと
憤ったからです


恥をしれ



人間というものが
こうして地上に威張って暮らすに値する資質を有している生物 を指すのである としたら



おめーたちは
人間 などと名乗るに値する ものではない



この 「人にあって人でない人々」 が 一体 どんな暮らしをしているか
簡単に想像できるけど
そういうあなたたちに 真の幸せなど 絶対にやってこないだろうと



私は言い切る



こういう人々に 慈愛 とか 共感とか という言葉を唱えても
多分 意味さえ理解しないと思うので


私は ただ


恥をしれ


と 繰り返す



どんなに憎い敵であっても
病むもの 困難と闘っているもの をさらに鞭打つ行為は、、


見るに堪えない



一体どれだけ人でなし だったら できるのだろう


ましてや
沖縄は この70余年
日本が負うべき苦難を 一身に背負って来てくれたのだ


と言うか 押し付けられてきたのだ





このネットの書き込み って奴も
卑怯な人間に その卑怯さを満喫させる道具でしかなく
本当に 面と向かって言える意見を 持っている のであるなら

コソコソ ネットの陰になど 潜んでいないで


出てきてみやがれ



「 日本人 」
と 一括りに するのは ほかの人に申し訳ないが
でも
最近 特に
日本人
なんだか とても 酷く 意地悪で


真面目じゃない


とても不幸なんだろうか、、


とりわけアベ政権になってから
公人と称する人々の発する 「言葉」とは、とてもじゃあないが呼べないほどの
荒れた「言い草」「言い訳」「嘘」 にうんざりしている中で
久々に聴く真摯な 「言葉」


それが わからないほど
この国の人々の感性は 狂っている


真面目という
真剣という
誠実という 在り方に

平気で 唾を吐くことができる この国に 未来などあるのだろうか



せめて
赤恥を晒すことなく
黙っているだけの 最低限の恥 は持てないものだろうか



追記
ブログ友のEbloさんも同じことを 憤っていらっしゃった
当たり前だ

彼と同じように 病と闘いながら それでも一生懸命生きている人たちがたくさんいる








心腐った 卑怯者たち
改心せよ



、、しないか
する訳ないね
泥の中から蓮は花咲かせるが
鳥の糞は 植物の種を運ぶが、、


腐った根性は、、、
限りなく不毛

















[PR]



# by cocomerita | 2018-06-27 17:16 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(15)

亀が足りなかった

去年の 夏に どこからともなく 迷いこんで来た 亀は


今やすっかり
我が家の景色の大事な一片となっています


朝起きると
やあ 遅いね こっちはもうひと運動済ませたよ と ばかり 甲羅干し


庭を歩く
庭の草をかき分け 揺らしながら
ゴソゴソと
一日中 ただ黙々と
歩きます

b0150335_15323291.jpeg
雨の日も



草を食む

b0150335_02124508.jpeg

カリカリという音が 耳に心地よく、、




猫たちといっしょに

b0150335_02091157.jpeg



そして
遊ぶ



到底自分が潜り抜けられない
例えば洗濯ものを干すスタンドの下とかに入り込んでジタバタしてみたり
植木鉢の狭い間に 割り込んで 植木鉢を動かして 遊びます


かわいくて かわいくて
飽きずに眺めてしまいます
亀は頭をかけないので
頭をコリコリ掻いてあげます
見ているだけで なんだか とても幸せな気分になります



猫たちだけで 充分だ と思っていましたが
亀が来たら 又一味 違うのです


どうして今まで亀なしでいられたんだろう?
と考えます


今思えば
亀が足りなかった のです
いつの日も






ご縁とは
そう言うものなのかもしれません
ジグゾーパズルの一片を 一個一個埋めていくように
誰かと出会い
本人でさえ そこが埋まっていなかった なんて気づいていなかった
その場所を 埋めていく


クリッと言う なんとも言えない いい音を立てながら


そして
一度埋まってしまったら


どうしてこの存在なしで 今まで
平気で暮らしてこれたのか?



不思議に思う しかないのです






b0150335_15285939.jpeg

最近では家の中にも入ってきます






追記;
散々 お騒がせしました試験 無事クリアしました
残りはあと2つ
よっこらしょ


























[PR]



# by cocomerita | 2018-06-21 10:59 | 生き物を救え | Trackback | Comments(27)

村上さんの言ったこと

私は、村上春樹さんが好きではありません


彼の本は一冊しか読んでいません
それもイタリア人が読めと言って貸してくれたイタリア語版の「ノルウェーの森」


ですから
喰わず嫌いだ。と言われれば そう言うことになります



吉本ばななさんの本は
一冊も読んでいません
彼女のことは 好きではない どころか 嫌いなのですが


2人ともイタリアでは とても人気があります



ムラカーミ 読んだ?と言う時
彼らは少し得意げな顔になります ( 変なの)


それでも私は彼に惹かれるものを感じないので

そのイタリアの友人に読まされた 「ノルウェーの森」以来
一度も彼の作品を読みたい と 思った事はありません


村上さんは日本でも 相当人気があるらしいですね
BOOKOFF には、彼の本があまりない事からも わかります


まあ、そんな私の好き嫌いはどうでも良いのですが、
そんな、少なくとも、日本中に影響力を持つ「らしい」彼が
「 こう言う発言」を し出してくれてる事を 良い傾向だと思っています





彼の読者のこんな愚問
「私自身は原発についてどう自分の中で消化してよいか未だにわかりません。親友を亡くしたり自分自身もけがをしたり他人にさせたりした車社会のほうが、身に迫る危険性でいえばよっぽどあります。(年間コンスタントに事故で5000人近くが亡くなっているわけですし)」
「この先スーパーエネルギーが発見されて、原発よりも超効率がいいけど超危険、なんてエネルギーが出たら、それは止めてせめて原発にしようよなんて議論になりそうな、相対的な問題にしかどうしても思えないのですがどうでしょうか……」




村上
まず交通事故死についても対策が必要と前置きしたうえで、
〈しかし福島の原発(核発電所)の事故によって、故郷の地を立ち退かなくてはならなかった人々の数はおおよそ15万人です。桁が違います〉


〈もしあなたのご家族が突然の政府の通達で「明日から家を捨てて
よそに移ってください」と言われたらどうしますか? 
そのことを少し考えてみてください。
原発(核発電所)を認めるか認めないかというのは、
国家の基幹と人間性の尊厳に関わる包括的な問題なのです。
基本的に単発性の交通事故とは少し話が違います。
そして福島の悲劇は、核発の再稼働を止めなければ、またどこかで起こりかねない構造的な状況なのです。〉


〈それだけ(15万人)の数の人々が住んでいた土地から強制退去させられ、見知らぬ地に身を寄せて暮らしています。家族がばらばらになってしまったケースも数多くあります。その心労によって命を落とされている方もたくさんおられます。自死されたかたも多数に及んでいます。〉


〈「年間の交通事故死者5000人に比べれば、福島の事故なんてたいしたことないじゃないか」というのは政府や電力会社の息のかかった「御用学者」あるいは「御用文化人」の愛用する常套句です。
比べるべきではないものを比べる数字のトリックであり、
論理のすり替えです。〉


〈効率っていったい何でしょう? 
15万の人々の人生を踏みつけ、ないがしろにするような効率に、
どのような意味があるのでしょうか? 
それを「相対的な問題」として切り捨ててしまえるものでしょうか? というのが僕の意見です。〉


〈(福島原発の事故は)我々日本人が歴史上体験する、(広島・長崎の原爆投下に次ぐ)二度目の大きな核の被害です。
しかし今回は誰かに爆弾を落とされたわけではありません。
私たち日本人自身がそのお膳立てをし、自らの手で過ちを犯し、
自らの国土を損ない、自らの生活を破壊しているのです。
 どうしてそんなことになったのでしょう?(略)答えは簡単です。
「効率」です。efficiencyです。原子炉は効率が良い発電システムであると、電力会社は主張します。つまり利益が上がるシステムであるわけです。
また日本政府は、とくにオイルショック以降、原油供給の安定性に疑問を抱き、原子力発電を国の政策として推し進めるようになりました。
電力会社は膨大な金を宣伝費としてばらまき、メディアを買収し、原子力発電はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました(略)。

 まず既成事実がつくられました。原子力発電に危惧を抱く人々に対しては「じゃああなたは電気が足りなくなってもいいんですね。
夏場にエアコンが使えなくてもいいんですね」という脅しが向けられます。
原発に疑問を呈する人々には、「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られていきます。
 そのようにして私たちはここにいます。安全で効率的であったはずの原子炉は、今や地獄の蓋を開けたような惨状を呈しています。〉




日本の歴史的事実の認識においても 彼はこう言います


〈ちゃんと謝ることが大切だと僕は思う。
相手国が「すっきりしたわけじゃないけど、それだけ謝ってくれたから、わかりました、もういいでしょう」と言うまで謝るしかないんじゃないかな。謝ることは恥ずかしいことではありません。細かい事実はともかく、他国に侵略したという大筋は事実なんだから。〉



どうしてそんな事になったのか?は 効率を求めただけではないと考えますが

「すっきりしたわけじゃあないけど、、、、 もういいでしょう」と言うまで謝るしかない


には
全く同感







福島の問題と 交通事故を 平気で 較べる人間がまだまだいる事に驚きます





多分 この質問をした人は
原発が日々産み出す とてもじゃあないけど人間の知恵が及ばない、
手に余り過ぎる 危険極まりない 廃棄物の事なんて 知らないのだろうな

除染で剥がされた汚染土の拡散を政府が画策してることも

福島原発内の汚染水が大変な量になっていて
それさえ薄めて 海に流そうとしていることとか、、。



人は 少しでも危機感があったら
そう言う話を耳にしたり、目にしたりしたら 少しは注意を払い
少しは自分で調べてみたりするものだと思っているけど


興味がないのですね


無関心は 愛の真反対にあると言う言葉を思い出します


自分の国と自分と同じ国の国民に降りかかった災いに興味を持たずにいられる
って事が まず
不思議です
向こう岸の火事は河を渡って来ないと思ってるのですね 皆さん


日本という国が
がらんどうの ふやけた ただのダンボール箱に見えてきます



こういう人々には
「僕の大好きなあの人がそう言ってるから そうなんだ!」
と 思ってもらうしか策はないようで


しかしながら
その「僕の大好きな人」が アベちゃん ポチズムを信仰してる
銀座の寿司屋 招待客だったりすると
その効果は 真逆になるから


大変 危険です



この国は
近代国家と言う 自分でただ 「そう信じたいから信じてる」だけの「信憑性に欠ける看板」を
意気揚々と掲げ
世界の 先頭を歩いているのだ。 と言う幻想に 目を固く閉じて しがみつき


一歩進んでるかのように見えて
実は 毎日 二歩も三歩も後退している のではないか? と思えます


古き良き時代にではなく
古くて悪しき時代に向かって
おぞましい 軍国主義に向かって
はたまた 悪しき時代の人権無視に向かって





b0150335_09083173.jpeg




軍隊行進しているかのように見えます




あべさんの 本当に必要としているところに予算を使わずの
兵器お買い上げ は とどまることを知らず。 ですしね
















[PR]



# by cocomerita | 2018-06-17 15:08 | 原発止めろ | Trackback | Comments(20)

頑張れない

多分 私を知っている大半の人が
私のことを、負けず嫌いだと思っている。と 想像しますが


私は 勝ち負けというものに一切興味がありません


そして 加えて
私は、自分はどの辺に位置しているかを知るための順位づけってもんにも


一切興味がない。のです



そして
ほとんど人が、私を「 頑張る人」だと思っているかもしれませんが



それも外れ


私ほど頑張るのが嫌いな人間はいません


頑張ると言う行為に没頭するためには
負けない。とか
自分の順位が気にかかる。とか言う モチベーションが必要であり
それがない私は 火のついていない暖炉に ただ薪をくべるようなもんで


火がついてないのだから 燃えません
だから頑張れない って事 になります


なんでこんな事を 考えているかと言うと、、
試験勉強を強いられているからです
空はこんなに青いのに
一日中 庭に寝っ転がって 亀を眺めていたいのに
私は、何もせず ただぼんやりしてるのが大好きなのです


それなのに
私は朝から 夕方まで
本とにらめっこをしています


負けても全然平気で
自分の位置付け とかにも 全然興味がない
そう言う私にとって、試験勉強ほど不毛なものはない。のです


私の脳は、身体と密接に繋がっているので
学んだものがすぐ身体の動きへと繋がる、
そう言うのは いいんだけど
スポーツ、、とかね
でも
今 挿入したものが、脳みそにただ蓄積され、速やかに放出されない
こういうのは、、


ダメなんですね

大体
冷蔵庫にものをたくさん入れておくの嫌いだし
貯めるって言う行為が 苦手なのです


悠々と自分のやりたい事を習得していくのは
誰もいないプールで 一人で悠々と泳ぐ行為にも似て
だからそこで 誰かと競泳しろと言われたら
せっかくの泳ぐ醍醐味が台無しになります
私にとって泳ぐとは、水と対話をする事なので

本との関係も同じで
もう随分長いこと 木陰でのんびり「私が読みたい」本を
ゆったり楽しんでいません



それじゃあ なんで大学なんかに入ったのだと 言われるでしょうが



それが
自分でもよくわからない。のです


理由がきちんとわからないのに やってしまう行為が
1つや2つ あってもいいのではないか。



思うことにしています




そんな私の重い心とは裏腹に
b0150335_10084162.jpeg


今年は豊作 、、らしい です



初のキュウリとトマトを収穫しました



余計なものは入れないで
うちで採れたオリーブオイルとお塩で頂きます


お百姓さんには申し訳ないのですが
自分で畑を耕し、そこで育てたお野菜は、どうしても扱いが丁寧になります


丁寧に切って
丁寧に味わって

頂く



食後の充足感が、お店で買ったお野菜とはるかに違う気がします



これこそ自然の恵み

b0150335_10031867.jpeg




ご馳走さまでした
















[PR]



# by cocomerita | 2018-06-14 10:22 | | Trackback | Comments(23)

性善説 〜1個目の試験が終わって

もはや 私の宿敵とも呼べる
もしくは 中国式拷問 とも呼べる 比較言語学の試験が 昨日終わりました


また ダメだったと思います


あーあー あんなに勉強したのに、、。
一番大事な回答に 重大な ケアレスミスを 犯していた事を
教室を出て 電車を待ってる時に思い出しました


私は 知性より はるかに 本能で 生きている生き物なので
この「 細心の 」 注意ってのが どうも苦手で
自分でどんなに気をつけていても


外す。のです



さて
まあ、すでに自分の中で 猛烈に 地団駄踏んで悔しがり
後悔も 自責も充分に 行いましたので、
私が言いたいのは
それではなく


こちらの試験は ボールペンで書くこと が 義務付けられている。ということ
鉛筆で書かれた回答は その場で無効になります


小学生のまだ言葉や書き方を覚えている つまり 間違える可能性が多い子供達も
鉛筆を使いません
日本の小学校だったら まるで逆
間違えることがわかっていて ボールペンで書いてたとしたら
なぜ鉛筆で書かないのだ
間違いは、きちんと消しゴムで消して 綺麗に書きなさいと
むしろ 叱られるはずです


そうやって育てられた私は
初めから ボールペンのような 「消せない」もので
自分の中でまとまっていない 文章を
考察もせず、やっつけ本番で書くことを
強制されるのが 苦痛で仕方ありません


特に イタリアのほとんどの試験の回答のように
それぞれの答えに 小論文を書くことを求められる場合
一度書いたけど 間違いに気づいて 書き直さなければいけない
とか
もしくは 説明が 不十分だったから、書き足す
なんてことは
私が外国人だから。ではなく
イタリア人だったとしても ふつうに起こり得る。ことです


そんな時 ボールペンで書いた、その上に 斜線を引き
行から外れて 上に書き直す
もしくは 言葉を追加したい時 追加マークを書き込んで その上に書き込む


当然 回答用紙は どんどん 汚くなる。 のです


私は こう言う 考察も校正も充分に行われていない、汚いものを 人に差し出すのが
なんだか 自分の汚い下着を見られるようで


なんとも言えず 不快。なのです


当初 私は鉛筆で下書きしてから その上をボールペンでなぞり
その後で、消しゴムで下書きを消していたけれど
そんな事をしていたら
時間が全く足りなくなる。ので 諦めざるを得なくなりました



これは、
不正防止 のため。なのだそうです
回答を後から書き直させないため
鉛筆だったら消せるから
初めからそう書いてあったように 書き換えられるから。であり
( よく考えれば、ボールペンでも 同じなんですけどね)
とにかく
イタリア人は鉛筆が嫌いです


日本は むしろ 不正が行われる可能性より
きれいに 書かれた答案用紙を提出することの方が優先されます


そこに
私は 日本の性善説と
欧米の性悪説を 目の当たりにします



今でこそ 日本の銀行も入り口をひとつにしているけれど
私がこちらに来た 30年前は うちの近所の住友銀行も三菱銀行も
こっちの角とあっちの角
どちらからでも お客様が入って来やすいように 入り口が 無駄に2つ
それも 「入りやすい」大きなガラス張りの扉でした

それに比べて
こちらの銀行は 一箇所に
人が一回に1人しか出入り出来ないくらいの小さな入り口で
外にはボデイガードの人が拳銃を持って立っており
おまけに
空港にあるような金属探知器が備えつけてあって
それを通らないと 入れない仕組み です


この間 私が麻薬の売人を車に乗せたと書いた時
「 気をつけて」と言ってくださった方が少なからずいました


私は こちらに移って来た当初からそうだったので
そういう私を イタリア人の友人たちは 性善説の日本人と 呼びました
車専用道路で、道の端をとことこ歩いている男の人を 乗せてあげたこともあります
車専用道路は ミニバイクは入れない。のですが
それを見つかって 警官にバイクを押収されたのだそうです
車専用道路を人が歩行するのは危険ですから
私は躊躇しませんでした
待ち合わせに見知らぬ男の人と現れた私に友人は怪訝さを隠せず
事情を話して、その人を道路の下まで 送ってあげたと言ったらイタリア人の友人は
二度とやるなと 眉間に皺を寄せて怒りました


それを私は性悪説だから、と思っていたので
だから
日本人の人に 麻薬の売人知らないで乗せちゃった と言って
「気をつけて」 と言われたのは 私にはちょっと意外だったのです


そこでふと考えました
もし彼が麻薬の売人じゃあなかったら
お母さんと子供が大きな荷物を下げて歩いていたので 乗せてあげました。
と言ったら それでも気をつけてと言われただろうか。と


イタリア人には 子供づれでも乗せるな と言われるけれど
それは
彼らは性悪説が根付いているから 仕方ないのです



でも
自分が本当に困ってる時
だれも声をかけてくれずに 次々と 通り過ぎていかれたら
淋しくはないか。と思うのです

自分で始末できるから
お断りする羽目になっても
誰かが声をかけてくれた事で
少し気持ちが軽くはならないか。

と思うのです


ふと とても昔に起きた
こんな事を思い出しました

私がまだこちらに住み始めて間もない頃
日本から 前の会社で 1ヶ月だけ一緒に仕事をした女性が訪ねてきました
友人でもない彼女を 家に泊める羽目になったのは
彼女が私の実家に私のイタリアの連絡先を尋ねるために電話した時
うちの母が、友人だと勘違いして
ジュンコの家は広いですし、ぜひジュンコの家に泊まってください と母が言ったのだそうで
あなたのお母様ご親切ねえ。と言われて
断れなかったからで


当時私は車を持っておらず
彼女と朝一緒に出かけ バスの停留所で待っていると
何台もの車が停まって 乗って行くか?と 声をかけてきます
もちろん 乗ろうなどとは考えたこともありません
片っ端から断る私を見て 彼女が言いました

「 ねえ、なんで乗せてもらわないの?」


こちらでは レイプの事件もありますし、危ないですから と答える私に
彼女はさらりとこう言いました

「 だってこっちは2人
あっちは1人よ 」 と

ギョッとして 私はこう答えました


「 今は1人でも 何人もいる所に連れていかれるかもしれないじゃあないですか。」


彼女は、1週間 うちに滞在する予定でしたが、4日後に 道で出会った男の人の家にお世話になると言って出て行きました
彼の家の方が 空港に 近いから と言いながら


これは性善説云々ではなく
ただの「軽い」なのですが


日本の性善説とは
人をむやみに信用する。事ではなく
誰かが困っている時に その人のステータスとか 自分との関係とかを 考慮することなく幅広く 万遍なく その手を差し伸べる。
という 日本の良き習慣であり


そんな日本の性善説など もはやとっくのとうに失われているのだろうと
そう思っています




b0150335_16300678.jpeg


一昨日
カタツムリ発見


もっと生き物増えないかな と思います
ただし 人間を除く、、、。












[PR]



# by cocomerita | 2018-06-09 17:13 | | Trackback | Comments(27)

取り急ぎ拡散希望 〜 福島 除染土再利用 決定

一体この国は どうなっているのだろう



少なくとも この国の政策の決定権を握っている人々は
ほとんど全員


狂っている。としか思えない


b0150335_16304182.jpeg
増え続ける、始末に困った除染土の再利用


まずは taichoさんのブログを読んでいただきたい



b0150335_16290519.jpeg




⚫️ 除染土、農地再利用基準を決定 食用作物には使わず

 環境省は29日、東京電力福島第一原発事故に伴う除染で生じた土を埋め立て、園芸作物などの農地に再利用するための基準を公表した。除染土の放射性物質濃度は1キロ当たり5000~8000ベクレル以下とし、食用作物向けには使用しない。

 東京都内で開いた有識者検討会で示した。農地に再利用する除染土の放射性物質濃度は、工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下になるように試算した。除染土には放射線を遮るために50センチ以上、覆土し、花卉(かき)やバイオマス燃料に活用できる植物を植える。帰還困難区域の飯舘村長泥地区で今年行われる実証試験に適用する。

 会合では、除染土を公共工事などに再利用する際の手引きの骨子案も示された。再利用場所などの情報を環境省が一元的に管理し、将来にわたって住民と情報共有する。強風や大雨などの災害で除染土が流出した場合の対応者は環境省と地元自治体で事前に決めておく。手引きは2018(平成30)年度末までにまとめる。


⚫️ 除染土再利用の事業中止求める 福島の2団体が署名提出

 東京電力福島第1原発事故で発生した除染土を公共事業で再利用する環境省の実証事業を巡り、福島県二本松市の二つの市民団体が21日、市内での事業の中止を求める約5000人分の署名を共同で同省に提出した。全市民を対象とする説明会の開催も求めた。
 2団体は市民共同センター(鴫原三男代表)と、みんなでつくる二本松・市政の会(佐藤俊一代表)。佐藤代表らが福島市の福島地方環境事務所を訪れ、2710人の筆記署名と2268人のインターネット署名を担当者に手渡した。
 説明会開催の要請書には「道路に再利用することで農産物や観光事業への風評被害が危惧される」など、事業中止を求める理由を挙げた。
 佐藤代表は「(全国に展開する)汚染土処理の仕組みは一行政区だけでなく、全市的、国民的な議論が必要だ」と強調した。
 環境省は市内から出た除染土約500立方メートルを市道の盛り土として再利用する計画。放射線管理などの手法を確立させ、県内外の公共事業に広げたい考え。

河北新報




少し前に友人と

この国の政府官僚は、

最終的に、日本を「 世界の核廃棄物貯蔵島」に仕上げて

喰ってくつもり、なんじゃあないか。と

本気8割 、冗談で終わって欲しいと言う期待2割の話をしたことがある

その話が

悪い冗談でなくなるような気がしてなりません

アベ下ろしも大事だが

あそこは 悪の温床と呼ぶには 生温いほどの、正気を逸した人々が権力と言う武器を持って 蠢いているから


国民が安倍下ろしに必死になっている隙に

様々な 「とんでもない」決定がなされている事に気付かないといけない

「 主要農作物種子法 」しかり、


b0150335_16212820.jpeg
再び こちらへ ⬇︎

隊長ブログ


狂っている。 としか思えない

放射能で汚染された土の拡散、販売の道を開き

作物の種は 海外( 当然 モンサント社 )から購入しないと

違法だと 取り締まる


バッカじゃあないの?


食料自給率は、国の生命線でしょーが、










[PR]



# by cocomerita | 2018-06-04 18:56 | 愚政府に物申す | Trackback | Comments(10)

麻薬の売人と出会う

私が住んでいるところは そんなに狭い地域ではない

のですが


うちの大家が この地域の住人の事に
たとえ 彼らが隣近所に住んでいなくても


ことごとく 精通している事に びっくりします


そして
もっとびっくりするのは
それが うちの大家に限った事ではない ってこと
ご近所に住んでる大家の友人達に会うと
みんな この地域の住人の事に精通しているわけで


こりゃあもう、私が育った下町レベルです


と言う事は
私の事も この界隈の皆さんの耳に拡く入れられ
口の端に上ってるだろう って事でもあります







うちから駅までは車で5ー6分 かかります
歩けば多分15分以上 下手したら20分かかるかもしれません


私も何度か歩いたことはありますが
結構キツイ

ので
私は駅までの道を とぼとぼ歩いている人がいると
乗って行きますか?と 声をかけます

女性とか 子供づれのお母さんだったら
迷わず声を掛けます
そのお陰で 私は2人ご近所友達ができました


一昨日
いつものように駅に向かって並木道を走らせていると
少し前に 松葉杖をついた人が歩いているのが目に入りました


男性

だったので、躊躇して 私は彼を通り過ぎ、、、


、、た のだけれど
松葉杖でこの道を駅まで歩くって事は
想像しただけでも 気が遠くなります


私はブレーキを踏んで
少しバックし
車を停めて
彼に声をかけました


駅まで行くのだったら 乗って行きますか?


彼は喜んで乗り込んできて
いつもはお兄さんが送ってくれるのだけど
今日は都合が悪くて来られないのだと言いました


よく見たら
腕まで怪我をして 肩から右腕を釣っています


駅の前で一度彼を下ろして
車を停めに駐車場に


不思議だったのは
駐車場に車を停めて 駅に戻ると
彼がホームに居なかったこと


だけど
そう思ったのも 一瞬で 電車に乗ったら 頭の中から消え去りました



今日
大家がうちの庭にガゼボを買ってくれるというので、


去年 私たちの大喧嘩の元になった薔薇の木が枝を張らしていた棚です
薔薇棚は 小さな東屋になり 庭に日影を作って くれるので 夏はとても便利です
特に庭で勉強する私には 必須です
今年はそれがないので、
今までは 庭のテーブルの下に潜って本を読んでいました


私は私で薔薇棚を買おうとネットで探していましたが
なんせ 注文しても 受け取る人がいないので
大学が終わるまで 待っていたわけで


大家が 買ってくれると言い出したので
( 私たちの関係は 修復しており とりわけ私が先月 大家の息子の誕生日に
サプライズでバースディケーキをプレゼントしてから 一気に回復しました)

余談になりますが
イタリア人は 誕生日ケーキをプレゼントすると殊の外喜びます
去年も友人の誕生日にバースデイケーキをプレゼントしたら
生まれて初めてのバースディケーキだと感激されました


話は戻りますが、
それじゃあ見に行こうと
車で出かけました

道中
この間 この道を歩いていた男の人を駅まで送った話をしました
なぜこんな話をわざわざしたのか
今になって見ると不思議なのですが、


あ、そうだ そうだ
この並木道は歩くには長い、と言う話をしてたのでした


ただでさえ 辛いのに
松葉杖ついてだよ
なんかそういう人の送り迎えのサービスがあるといいのにねえ、、

と言いました
だって お年寄りで車が運転できない人もいるでしょうから


そうしたら、
彼女がギョッとした顔をして

その人って 50台で 頭が禿げてる背の低い人じゃない?


そうそう、知ってるの。

知ってるどころか
ジュンコ その男は 麻薬の売人で
警察に逮捕されてて 自宅拘留中の男よ と


一瞬ギョッとしましたが
怖い思いをしたわけでもないので
そんな悪人には見えなかったけどねえ、
と言うと



ダメダメ と彼女は大きく首を振りました


彼女は その人が住んでいる家の大家と友達で、
その男は もう何年も家賃を滞納してるのだそうです
(イタリアには こう言うケースが 山ほどあって
こう言う家賃滞納者を追い出すのは 非常に難しいのです)


そう言えば うちにも詐欺師の親子が住んでいました
家賃を10ヶ月滞納して
大家は なんとか出て行ってもらおうと 嫌がらせを続け
弁護士まで立て そして
警察まで巻き込んで


ある日 彼らは夜逃げしました


あんた
二度と乗せちゃあダメよ


大家は私の性格を知っているので
多分 そう念を押したのでしょう


私はこう言う人々に偏見がないので
家に住んでいた詐欺師の家族とも とても仲良くしていて
最後まで、彼らに
「 いい加減にして、出て行きなよ」 と説得してたのは 私ですから


私は むしろ 裕福さをひけらかし
慇懃無礼な 人を人種や地位で差別する人の方がよっぽど嫌いです


まあ、彼は二度と乗せないけど
なんたって
彼は自宅拘留だから外に出たら 違法
それを助けたら なんとか幇助になりかねません


しかしながら
また あり得ない事。ではない、なあと思います
避けられません
松葉杖ついて歩いている人がいたら 声をかけないわけにはいかない、、、


、、、じゃあないですか


私が見知らぬ人を車に乗せると聴くと 危ないからやめろと言う人が少なからずいますが、
私はネットで出会った知らない人の車には 乗りませんが


でも危ない 危ないと 柳の陰にも怯えるかのように
皆が 周りを見て見ぬ振り 知らんふり をするような社会は


なんだか 味も素っ気もない、、じゃあないか

思っているので


危険を少しくらい冒したとしても
私は きっと 知らんふりしない方を選ぶ と思います


きっとこの
「ジュンコがあの麻薬の売人の男を車に乗せて駅まで送った」と言うことも
またたく間に 拡まることでしょう


しかし
よく考えたら
これって「ムラ」の自己防衛なんでしょね
こうして 皆で 始終目を光らす

その割に
時々 数珠繋ぎのように 隣近所まとめて 泥棒に入られるってのは
どんなものか


皆さんの光らせてる視線が 的を外れてる ってことではない でしょかね?




蛙 発見

b0150335_16574157.jpeg





b0150335_17004636.jpeg

かわいいねえ

大家の家の前には なぜか今年は小蝿が多い

うちは ゼロ
これは きっと 彼らのお陰




















[PR]



# by cocomerita | 2018-05-28 17:13 | ローマ | Trackback | Comments(23)

ローマからいろいろ
by cocomerita
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

素晴らしき哉映画人生
映画の心理プロファイル
掬ってみれば無数の刹那
ラテンなおばさん
非天然色東京画
とかのしゃしん
コバチャンのBLOG
松浦ひかり
あんつぁんの風の吹くまま
koz-mic hours
心の万華鏡  
about ・ぶん
のほほん日記
弁天スタジオ
(旧)とりあえず俺と踊ろう
梟通信~ホンの戯言
断想
記憶の表象
しのぶの里から
続・まりおの部屋
フォトパラダイス
八十代万歳!  (旧 七...
いいたいことは少しある
チェイル
札幌の空の下で徒然記まま...
流木民
now and then
春のよき日に
Life with Bi...
維摩と語る
make no bones
今日の色は。。。
東京ライフ
日だまりカフェ
隊長ブログ
Facciamo una...
「時間よ止まれ」
にっと&かふぇ
楽・遊・学・ビバ人生!!
+nao日記+
ゆる~い日々
luxe et beauté
イギリス ウェールズの自...
幸せごっこ
Happy Days♪
JAZZの普段着写眞館
quartet!
旅するように暮らしたい
海外出張-喜怒哀楽-
シボな毎日
easy-writer
黒い森の白いくまさん
MU PHOTO
La vie d'une...
チキとふたつのりんご
えんやこら母ちゃん
EL PAJARO
ほのぼの動物写真日記
To tomorrow ...
liliaの 瞬間湯沸かし記
あおぞらのゆくえ。。。
40 ans a Par...
Cook*Days~お料...
A dreamer me...
☆FREEDOM☆
Faites la ta...
江ノ島ノラびより。
焚き火小屋の備忘録
ヴェルサイユの花 ~Fl...
ローマより愛をこめて
かるぺ・でぃえむ
思いのままに。。    ...
ゆるりんのポレポレ日記
さかなのしっぽ、そしてはらわた
光と影をおいかけて
いいあんべぇブログ
Memories of You
カタルーニャの葡萄畑から
laboratorio ...
ピレネー山脈を超えたらそ...
カフェと畑と犬と猫
sobu 2
モンシェリー ~酵母さま...
続・八曜社
気がつけば50代
子供と一緒に育つ父
春のよき日に vol.2
夕暮れしっぽ
SPORTS 憲法 政治
オトナの社会科・中東から...
俺の心旅
父ちゃん坊やの普通の写真その2
マイおばちゃんの日記 2
発酵のち薄幸ー( ̄O ̄;)
Live & let live
明日をもっと楽しく!した...
父ちゃん坊やの普通の写真その3

最新のコメント

Ciao saheizi..
by cocomerita at 21:33
大掃除が終わったところで..
by saheizi-inokori at 20:59
Ciao Dekoさん ..
by cocomerita at 03:59
Ciao anohiwa..
by cocomerita at 03:52
Ciao hisakoさ..
by cocomerita at 03:47
こんばんは 素晴らしい..
by Deko at 20:38
何かを成し遂げる事って ..
by anohiwa at 20:30
Junkoさん 良き友..
by hisako-baaba at 14:32
Ciao saheizi..
by cocomerita at 15:21
銀キノコって、どんなの?..
by saheizi-inokori at 09:47

Link (Excite 以外

最新のトラックバック

遠藤周作の最高傑作の完全..
from dezire_photo &..
日本が原発のトイレになる!
from 梟通信~ホンの戯言
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
安倍にも負けず夏の暑さに..
from 梟通信~ホンの戯言
新国立競技場と辺野古基地..
from 梟通信~ホンの戯言
安倍よ菅よ、翁長知事の問..
from 梟通信~ホンの戯言
原発が導入された内幕 有..
from 梟通信~ホンの戯言
日本でしか起きないタイプ..
from 掬ってみれば無数の刹那
どうもありがとう、そして..
from 掬ってみれば無数の刹那
雄勝の猫の旅
from ピレネー山脈を超えたらそこは・・

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル